Fではないところ

Fではありません。

朝方、覚醒する。使っているプラットフォームの仕様が分からず、人と頭を寄せ合いながら相談し、ようやく掴めたので苦労しながらクラスを書いていたらそれは夢だった。洗濯機を回す音が遠くに聞こえて、少し早めに起きたのだな、と思ったが、まだ午前3時24分だった。洗濯機の音はその瞬間に消えた。布団をかけ直し、冷え性の脚を猛烈にさする。摩擦のあたたかさだけが残り、血も上半身も冷え切っていた。布団を立って窓を半分閉め、しばらく悩んでからお手洗いに行く。目が覚めてしまう気がしたが、安眠できないような気もして、ただ今日は睡魔が弱体化していた。一度起きるとうがいがしたくなり、口内清涼剤でうがいをした。うっかり飲んでしまった少量の水が胃を叩き起こし、布団に入っても尚からだを揺さぶる。もう一度クラスを書きに行きたい。早く眠れなかった日に限って起きてしまうし、起きてしまう日に限って早く起きなければならない。そう考えてから、自分は義務感に起こされていたのだなと気付いた。朝、きちんと起きられたら褒めてあげようと思う。