Fではないところ

Fではありません。

Windows10のフリーズと(今も)戦っている

 

編集履歴

(2017.06.04)本文に打消し線と「6.追記:だめでした、のその後」を追加。下書きから公開。

 


 

先日、Windows8.1からWindows10に再アップグレードした。

アップグレード後フリーズを繰り返したが、どうやら解消できたので、再アップグレードの件と合わせて書き残しておく。

 

……が、この記事を書いている途中にフリーズが発生した。結論を述べると、Windowsイメージに破損があった

 最初に行った対応を「3.試した対処法」に、再フリーズ後の対応を「4.再対処」に記述した。3の段階では問題を修繕できていなかったという事になるが、これも記録としてそのまま残しておく。 現在はフリーズ解消……か?

 

追記(「5.反省」を書き終えた3分後):だめでした

 

 

1.再アップグレードの手順

 公式の案内によると、無償期間内に一度でもアップグレードをしたPC(=ライセンス認証が完了している状態)であれば、無償期間終了後の再インストールが可能になるらしい。

 

 下記のページを参考に作業を進めた。

boxil.jp

 まずはインストールメディアを作成する(「他のPC用にインストールメディアを作る」にチェックを入れている理由が分からなかったが、知識も無い為ひとまず指示に従った。問題は無かった)。

 そのままWindows10のディスクイメージ(ISOデータ)のダウンロードに進み、ローカルフォルダに保存。公式案内の「ISOファイルを使用してWindows10をインストールするための追加の方法」に従う(ここでも「別のPCに」とあるが問題は無い)。

 無事にアップグレードが完了した。

 

2.突如発生するフリーズ

 最初のフリーズはGoogle Chromeの使用中だった。キーボードやマウスに反応しない。デスクトップの時計も止まっている。2分程待ったが変わらない。ディスクに書き込んでいる様子も無かったため、電源ボタンを長押しして強制シャットダウンをした。

 再起動しながら、前回アップグレードした際、3日と経たず8.1に戻したのはこのフリーズのせいだった事を思い出した。

 

 メモリを確認すると、空き容量は充分である。まず思い当たるのはWindows Updataである。タスクマネージャで様子を見つつ確認すると、適用されていない更新プログラムがあった。アップグレード後最初に行うべきだったと反省しながら更新。コルタナを打ちのめしている場合では無かった。

 これで解決したことを祈りながら、念のためタスクマネージャを開いたままエクスプローラで作業をしていると、再度フリーズが発生。何も異常な値を示していないのが怖い。PCが高温になっているという事もない。

  

3.試した解消法

 と、原因も分からずお手上げだったので、「Windows10 フリーズ」で検索して出てきた対処法を片っ端から試す事にした。 

 特に参考にしたのは下記のページである。

apicodes.hatenablog.com

 

ここから上記ページに沿って対応を記述していく。

 

 

トラブルシューティング

 コントロールパネル内の「セキュリティとメンテナンス」「問題レポートの解決策の確認」では、特に問題はありませんよ~と言われてしまった。「信頼性履歴の表示」を選んだところ、いくつかのエラーは発生していたが、フリーズ発生時のものでは無いようだった。

 

メモリのチェック

 「Windowsメモリ診断」には再起動が必要なため、他の対応を済ませてから行った。エラーは検出されなかった。

 

システムのチェック

 コマンドプロンプトから「sfc/scannow」を実行。「整合性違反を検出しませんでした」とのメッセージが表示された。 

 

ハードディスクのエラーチェック

 ドライブのプロパティからエラーチェックを選択。エラーが検出されずスキャンする必要がないとのメッセージが表示されたため、ドライブのスキャンは行わなかった。

 

バックグラウンドアプリの設定確認

 バックグラウンドでの起動が不要だと思われるアプリの起動設定をオフにした。

 

 他にもいくつかの方法を試したが、思い返せば不要であったため記述していない。

 以上を行った翌日、冒頭で書いたように再度フリーズが発生した。以後はその後の対応である。

 

4.再対処

使用していないプログラムのアンインストー

 「プログラムと機能」の「プログラムのアンインストール」から使用頻度が低いものをアンインストールした。

 その中で「bundled software uninstaller」を発見する。怪しい物らしい。アンインストールを選択したりexeファイルを実行しようとすると「」)というメッセージが表示され、起動する事ができなかった。

 エクスプローラで検索しフォルダを辿ると、同名のフォルダ内にこのexeファイルがあるのみ。フォルダごと右クリック→削除したところ、アプリケーションの一覧からも削除された(クリックしたところ「それは見つからないからアンインストールされたかもこの一覧からも消すね」と言われた)。これで良いのか分からないが一旦保留。

 システムメニューの「アプリと機能」からもアプリケーションを確認できる事に気が付き、ついでに複数のアプリケーションを削除した。


ハードディスクのエラーチェック

 前回と同様のメッセージが表示されたが、更に「ドライブのスキャン」を選択。スキャン終了後、「ドライブのスキャンが正常に完了し、エラーは検出されませんでした」とのメッセージが表示された。


ディスクイメージ(Windowsイメージ)のチェック

 参考にしたページには記述があったのだが、実は完了できていなかった。コマンドプロンプトから「Dism /Online /Cleanup-Image /ScanHealth」を行う。

 すると「コンポーネントストアは修復できます」との表示。……壊れてるじゃないですか……。

f:id:nuinuisinai:20170604212657p:plain

 

 「Dism /Online /Cleanup-Image /RestoreHealth」で修復を図る。

f:id:nuinuisinai:20170604212704p:plain

 復元操作が完了した。

 

5.反省

 という訳で、一通りの問題確認と修復が完了した。来週までにフリーズが発生しなければ、一応解決したものと見なして良いのではないだろうか。

 

 (以下は個人的な感想なので読まなくても良いです)

 今回の問題から得た反省は以下の通り。

  • 設定の確認を済ませずに使用していた。特に大きな変更があった後には細部まで確認すること
  • 上記に関連して、現在までに発生している問題を事前に調べていなかった。情報収集を怠らないこと
  • 対処できたタイミングでディスクイメージのチェックを飛ばした。優先順位を考え、油断せず手順を踏むこと

 

 なおチェックを飛ばした理由は、

 (1) 「イメージのバージョン」が表示されてからチェック開始までに時間がかかった

 (2) ここまで問題無かったのでこれも大丈夫だと思った

 という2点である。情けない限り。

 

 解決した事を願いつつ、Windowsアップデートに伴う一連の話を閉じる。

 

6.追記:だめでした、のその後

(2017.06.04)

 ここまで来ると全ての対応が盛大な前振りみたいだよ!全然面白くないよ!

 どうやら問題は別にあるらしい。次はセーフモードで起動して探ろうと思う(それももっと早く試すべきである)。アップグレード後10日間は8.1に戻せるので、それも視野に入れつつ錯誤していく。よって随時追記。