Fではないところ

Fではありません。

日記13

4/3

ヘドバンしまくる一日。外交モードに切り替わらず困る。

 

4/4

朝、「親切を悩んだら実施する」という反省をする。外部に対してもどかしい日。もっと上手くやれないのか。

 

4/5

先日の反省を活かした。

ひたすら眠い。運転をしたが危険だった。自分には7時間程度の睡眠が必要らしい。

大森靖子さんとの対談を見て気になっていた女王蜂を数曲聴く。

女王蜂 『失楽園』(Full Ver.) - YouTube

最新曲がとても良かった。

 

4/6

無言のまま「誰がやる?どうする?」みたいな探り合いをする空気がまどろっこしくて、自分が先陣を切ってしまう時がある。しかし性格的には自信も積極性も無い。先陣を切りつつも全く上手くやれないという事にやや落ち込む。

という経緯で、本来の性格と、行動によって外部に与えるイメージ(予想される人格)との乖離を考える。そういう人間ではないのだと伝えたい。

今日もひたすら眠い。

 

4/7

要するに「お前は自意識過剰だ」と言われた。そういう事をすっと指摘してくれる人が好きだ。感謝をする。

今日はコーヒーを飲んだら眠くならなかった。身体に合わないのであまり飲まないが、久しぶりに飲んだら美味しかった。色々あったが良い一週間だったと思う。

 

夜、友人と話す。社会政策の目的とは何かという話や、文系大学が必要かという話をする。こういう話をしてくれる友人は少ない。少ないのは友人の総数か。

 

4/8

人の車の契約に着いていく。自分が関係しない分気楽に見られたので、純粋な発見を楽しむ。夜は桜のライトアップを見に行った。さくら満開である。幸福。

ポジティブな人は選択肢を見つけることが得意らしい、という話をしたら、その人のポジティブ論を聞かせてくれた。その人はポジティブで、落ち込んだときは無理やり気持ちを切り替えることができるが、その分諦めが早かったり自分の限界を決めてしまう等々。切り替えられることは尊敬するが、なるほど、と思った。何事も良い事ばかりではない。ちなみに自分はネガティブを掘り返すのが大好きな楽観主義者(あくまで主義)。

 

4/9

幸福は続く。気を張る日々が続いていたので、のんびりとくつろいで話せる環境が嬉しい。

夕方出かけて、帰ってから久しぶりにお酒を飲んだ。