日記24

12/16

それからの話である。

WACKに興味を持ったり、マキシマム ザ ホルモンの『予襲復襲』のトレーラーを5年間見続けた末に新刊発売のタイミングでようやく買ったり(鬱くしき人々が好き)、仕事で頭痛に悩まされたり、今年出会った尊敬できる先輩から転職を打ち明けられたり、私。さんの踊りを見に行ったり、クソカワPARTYのファイナルに行ったり、SAKANAQUARIUMでぶち上がったり、Perfumeのアルバム『future pop』でぶち上がったり、『TOKYO GIRL』にグッとくるようになったり、音のアーキテクチャ展に二度足を運んだり、やたらメジャーなアーティストのドーム公演に連れて行かれカルチャーショックを受けたり、友人の出演する舞台で背中に紙吹雪を浴びたり、少しだけ仕事をうまくやれるようになったが相変わらずミスばかりで、小説と漫画を少しづつ読んで、

日常をする時間が少ない割には、カルチャーに頭から突っ込みまくる時間だった。

日常をする、というのは大切なことで、私にとってはシャツにアイロンをかけるとか掃除をするとか椅子の背中に乗せているうちに層になった上着たちをどうにかするとか、そういう生活の基礎なのだけれど、まあ全然できず自己嫌悪に陥り、

その自己嫌悪を回避するためにこそ、日常をする時間は大切なものだった。

カルチャーまたは怠惰(主に後者)から日常に帰る気になった頃にはもう日曜日の19時過ぎで、そこからようやく片付けを始め、就寝するまでの数時間だけが最適な環境であり、

月曜日の朝には、部屋の隅に乾いた洗濯物が積み重なり始めるのだけれど、

まあ、いいか。

という気持ち、とりあえず目を背けるという技法を手に入れたので、罪悪感は週末に片付けて、元気に生きている。

物の捉え方が変わった一年だった。楽しかったから、いいか。

日記23

6/26

朝方に目が覚めてから1時間寝付けず、結局30分寝坊をした。しかし予定通り家を出た。よって自分を褒めても良しとする。

『女生徒』を読む。語るような思考がそのまま文章にされたようで、さらさらと流れる女生徒の醜く美しくただの人間の心が鏡のようだった。この誰にも覚えのあるだろうさらさらを形に残した彼や、この手中に至るまでの技術の進歩に感謝をしたい。次は知り合いが酷評していた『I can speak』か『グッド・バイ』を読もうと思う。

21時、ハロプロの新体制発表…というか加入先発表だった。動画を見ながら、つらつらと文字を書いた。技術の進歩に頼っていると、いざという時に痛い。

 

6/24

太宰治の作品で一番好きなのは『斜陽』。 

朝から情報過多だったので読書は控えた。共感性に欠けるという話をした。人が側にいるというプレッシャーに弱い。少し疲れるが良い事があったので即元気。

 

10/26

安定した人になれず、今日である。たくさん仕事をした。生きている。

めいいっぱいの余りが言葉の出力であるから、少しこの環境に慣れたのかもしれない。自分を飾りたてながら生きたい。

黙っていると喋りが下手になる。書かずにいると語彙が減る。という体感。

朝方、覚醒する。使っているプラットフォームの仕様が分からず、人と頭を寄せ合いながら相談し、ようやく掴めたので苦労しながらクラスを書いていたらそれは夢だった。洗濯機を回す音が遠くに聞こえて、少し早めに起きたのだな、と思ったが、まだ午前3時24分だった。洗濯機の音はその瞬間に消えた。布団をかけ直し、冷え性の脚を猛烈にさする。摩擦のあたたかさだけが残り、血も上半身も冷え切っていた。布団を立って窓を半分閉め、しばらく悩んでからお手洗いに行く。目が覚めてしまう気がしたが、安眠できないような気もして、ただ今日は睡魔が弱体化していた。一度起きるとうがいがしたくなり、口内清涼剤でうがいをした。うっかり飲んでしまった少量の水が胃を叩き起こし、布団に入っても尚からだを揺さぶる。もう一度クラスを書きに行きたい。早く眠れなかった日に限って起きてしまうし、起きてしまう日に限って早く起きなければならない。そう考えてから、自分は義務感に起こされていたのだなと気付いた。朝、きちんと起きられたら褒めてあげようと思う。

日記22

6/21

安定した人になりたい。

 

6/23

色々な人と話せた日だった。交流する事は苦手だと思っているが、気を遣えない自分に気付いてしまうのが嫌なだけであって、愛想を振りまくのは嫌いではないのだと思った。相手が笑顔をくれた瞬間、存在を許された気分になる。

酔っ払いながら人と電話をした。

 

6/24

堕落。睡眠。よく汗をかく。

 

6/25

昨日を取り戻すように出かけた。自分のためにお金を使いたい気分だったので、本を買い、服を買い、ようやく仕事用のワイシャツを買った。夕方久しぶりにウクレレを弾きながら、出かけたいなあと考えていた。

 

小沢健二 - 流動体について - YouTube

「だけど意思は言葉を変え 言葉は都市を変えていく」

日記21

6/12

新しいワイシャツを買いに行かなければならないと毎日思っている。

 

6/13

楽しい日が続く。私欲だけの企画がそこそこ評価されるが、私欲だけの企画なので通さなかった。やりたい事が不可能では無いと分かり、少し嬉しかった。

 

6/14

自分の頭の固さに絶望する。ハロステという事は水曜日である。アンジュルム魔女っ子メグちゃん、目が忙しいがとてもキュートだった。

学んだ事を人に話すのは楽しい。明日は昨日しそびれた事を果たすところから始めよう。

 

6/15

数独だけは得意

 

6/16

人のおかげで楽しく過ごせている。もっと学ばなければならない。いつか恩を返せるだろうか。

 

6/17

生まれて初めて蛍を見た。人が騒いでも逃げないというのが発見だった。美しかった。

 

6/18

初対面の人と話すのが上手くなったと言われ喜ぶ。年齢が近くて、こちらの話を待って下さるような優しい方ほど上手く喋れない。スマートな人に憧れる。

HEROの短編集を買った。この人の漫画は喉の奥と心を熱くする。

 

涼やかな週末だった。次の一週間も頑張りましょう。